lifetimes

Share

ライフ
POSTED on 2020.07.27

辛い腰痛の改善方法とは?簡単な方法で痛みから解放されよう!

女性の悩みの1つでもある「腰痛」ですが、これくらい大丈夫!と我慢したり、無理をしてしまっている人も多くいます。

腰痛は放っておくと日常生活が困難になることも…

そこで、ここでは「簡単にできる腰痛の改善方法を厳選してお伝えします。

 

 

腰回りのストレッチで楽になる

腰痛の原因として、腰回りの筋肉が固まってしまっていることが挙げられます。

どんなにマッサージをしても、腰回りが固まっていると腰痛はよくなりにくいのです。

そこでおすすめなのは、腰回りのストレッチ

あおむけに寝て、左足を上半身に対して90度に向けて、L字の形をとっていきましょう。

こうすることで、腰や背中をほぐすことができ、腰痛の緩和につながります。

右足も同じようにストレッチをして、左右のバランスをとることも大切

どちらか片方だけのストレッチだと、体のバランスが悪くなって余計に腰痛を悪化させてしまうこともあるのです。

しっかりバランスよくストレッチして、腰回りを軽くしていきましょう。

 

腹筋を5回ずつやっていこう

腰痛の原因として、腹筋が弱いこともあり、腹筋をすることで腰痛が改善されたというケースもあります。

「え~腹筋なんてするの?」と思うかもしれませんが、毎日5回ずつ軽く続けていきましょう。

腰痛の改善にいいのはもちろんのことですが、くびれができたり、ダイエットにつながったりいいこと尽くし!

スポーツのように本気の腹筋を続けるのは大変ですので、美容のために腹筋をコツコツと続けていきましょう。

腹筋が付いてくると腰を支える筋肉も発達してくるので、その結果腰痛の改善につながっていくという流れなのです。

腹筋の時間帯はいつでもよいので、毎日続けていけるといいですね。

 

靴下を厚めのものにする

腰痛と靴下の関係を考えたことのある人はほとんどいないと思いますが、実は靴下と腰痛はとても大きな関係があります

靴下が薄いと、歩いた時などに地面から感じる衝撃をダイレクトに受けてしまうため、体の中でも面積の大きい腰が、衝撃を受け止めようとしてしまいます。

立ち仕事をしたあとに腰が痛くなるのは、実は仕事中の衝撃をダイレクトに受けてしまっているから。

サンダルで動くと足が疲れたり、いつもよりも腰の調子がおかしいと感じるのは、靴下の存在が関係しているのです。

もし、靴下をはくのであれば、できるだけ厚手の靴下を選ぶようにすると、腰への衝撃が緩和されて腰痛の改善に一役買ってくれることでしょう。

おしゃれな厚手の靴下を手に入れて、ぜひ日々のコーディネートに取り入れてみましょう。

 

骨盤を整えてみる

骨盤は体のメンテナンスには重要な部分で、骨盤のずれや状態が悪いと何をやっても効果が出ないことがほとんど。

自分で骨盤を調整するベルトを使ってもいいですし、もし可能であれば整体に行って骨盤を整えてもらうのもよいでしょう。

骨盤を「自分で調整する」のが難しい理由としては、骨盤のゆがみには、

・左右のずれ

・前後のずれ

・ねじれ

があり、単独で出ていることもあれば、複数のずれが生じていることがあるのです。

単独の原因であればいいのですが、複数の原因がある場合はさすがに素人には判断が難しくなってしまいます。

骨盤を整えると、腰痛だけでなくダイエットにも繋がりますし、基礎代謝が上がる効果も期待できます

ぜひ骨盤にも意識を寄せてあげるとよいですね。

 

しっかりと体を休める

そして最後にお伝えするのは、「体をしっかり休める」こと。

体を休めることは、腰痛以外にも体の痛みをとる最大のお薬

疲労がたまっていると、体のあらゆるところに痛みが出やすくなります

しっかり寝て体を休めることに意識を置いてみましょう。

もし寝ても寝てもゆっくり休めないな…と思ったら、寝具の見直しをしてみるものアリ

寝具があっていなくて腰に負担をかけていることもありますし、体にフィットしていないことで、疲れが取れないということも…。

さらに寝ている時間帯も重要なポイント

明け方に寝るような昼夜逆転の生活をしていると、体がリズムを整えようと頑張ってしまい、かえって疲れてしまうこともありますので、気を付けていきたいポイントです。

 

まとめ

腰痛は女性にとって最大の悩みといっても過言ではありません。

どんな対策をしても腰痛が治らなかったり、ずっと腰痛と付き合っているケースも。

腰痛はすぐに治るものではありませんが、毎日のメンテナンスで腰痛を緩和していくことは十分可能です。

腰痛がなくなったら何をしたいですか?考えただけでワクワクしてきませんか?

これまで「腰痛は治らないから諦めよう」と思っていた人は、ぜひここでお伝えしたことを実践して、少しでも腰痛から脱出できることを願っています。

 

 

▼ 関連記事 ▼

×