lifetimes

Share

ファッション

POSTED on2020.09.16

UPDATE on 2020.10.01

最近よく聞く骨格診断ってなに?似合う服装がわかるって本当?

最近、雑誌やインターネットを見ていると「骨格診断」という言葉をよく目にしませんか?

骨格の形で似合う服が変わってくるのだとか。

好きな服を着ることも大切ですが、周りからの印象も大事なので似合う服を身に着けたいですよね。

今回は骨格診断とはなにか、タイプ別に似合う服をご紹介します。

 

 

骨格診断とは?

骨格診断は、筋肉や脂肪などの付き方や関節の大きさなど身体のラインや肌の質感から、ストレート・ウェーブ・ナチュラルの3つのタイプにわけられます。

骨格診断は、年齢や身長、体重などは関係ありません。

そのため体型が変わっても、自分に似合う服装がわかるので、骨格タイプがわかると一生服装に困らないといっても過言ではありません。

 

自分の骨格を知るとどんなメリットが?

自分の骨格を知ると似合う服装がわかるようになるので、スタイルがよく見えます。

またちょっと太ってしまったな…なんてときも着やせして見える形の服がわかるといったメリットも。

また似合う服を着ることで自然と自分の持っているいい部分が引き出されるので、魅力もアップすること間違いなしです!

 

あなたの骨格タイプを調べよう!

骨格タイプは先述でもご紹介のとおり、ストレート・ウェーブ・ナチュラルの3つです。

 

ストレートは身体に厚みがあり、メリハリのあるタイプです。

肌にも弾力があり、身長の割には手が小さいですが厚みがあり、首は短めで肩回りはまるくあまり鎖骨が目立たない、くびれはほとんどなく、足は太ももは厚めですがふくらはぎはまっすぐで細いのが特徴です。

 

ウェーブは華奢で厚みがなく、柔らかいタイプ。

筋肉がなかなかつかず脂肪がつきやすいのも特徴です。肌はしっとりとしていて、上半身は薄く首が長めで鎖骨がしっかりと見えるのですが、くびれがしっかりとわかり下半身は少しずっしりとしているのが特徴です。

手は大きさは普通ですが薄いのがこのタイプ。

 

ナチュラルは関節がしっかりした骨太タイプで、お肉が少ないのが特徴。

皮膚が硬めで骨や筋が目立ち、痩せてるとスタイリッシュですが、太るとガタイがいいといわれてしまうのがこのタイプ。

指もごつごつしているので、指輪が引っかかることも。

 

すべての特徴が当てはまるという人は少ないので、最も多く当てはまるものがあなたのタイプになります。

骨格診断はネットで検索すると、無料で診断できるものがいくつもあります。

診断内容がちょっとずつ違うので、3つくらいやってみると自分がどのタイプかはっきりするでしょう。

また、自分だけでやるよりも家族や友人などの客観的な意見も聞きながら診断すると正確性が増します。

 

ストレートさんにおすすめの服装

ストレートさんはシンプルなベーシックコーデがおすすめ

サイズはジャストサイズで、素材はハリ感があるものが◎。

胸元はハイネックは避けた方がいいでしょう。

Uネック・Vネックなど首がつまらないものがおすすめです。

ウエストの位置もジャストがいいでしょう。

オーバーサイズは太って見えてしまうので注意!

ボトムスは、細身のものが似合います。

パンツであればストレートなタイプ、スカートであればタイトスカートなど広がらないものがいいでしょう。

ワンピースもタイトなタイプが綺麗に見えます。

あまりにも身体のラインがでるワンピースは苦手という人は、シャツワンピがおすすめ。

アウターはトレンチコートやテーラードジャケットなど、ベーシックなタイプが◎。

素材は、綿やレザー、シルクなどハリ感と高級感があるものを選びましょう!

 

ウェーブさんにおすすめの服装

ウェーブさんは身体に厚みがないので、上半身のシルエットはフィット感があっても、下半身は薄く柔らかい素材のものがおすすめです。

首元はハイネックや鎖骨が見えるけど空きすぎないものがいいでしょう。

腰の位置が低いため、ボトムスはフレアスカートなど広がりのあるもので、ハイウエストがおすすめ。

ワンピースはドッキング系やバイカラーなど、上半身はフィット感がありますが、下半身は広がるウエストで切り替えがあるタイプが似合います。

アウターは短すぎないお尻がすっぽり隠れるタイプの長さやロングコートが◎。

襟がついているものよりもノーカラータイプがおすすめです。

素材は、シフォンやモヘア、ファー、レースなど女性らしいふんわりとしたものが似合います。

 

ナチュラルさんにおすすめの服装

ナチュラルさんはゆったりシルエットのカジュアルスタイルが似合います。

とはいえ首元はゆったりしたものを選ぶと、骨がしっかりと見えてしまうので、空きすぎたデザインは避けましょう。

フィット感がありすぎるとごつごつして見えてしまうので、トレンドのオーバーサイズが◎。

ボトムスはワイドパンツやロングスカートなど、下半身に重心がくるものがおすすめ。

ワンピースもAラインで丈が長めのものを選ぶのがポイント。

アウターはショート丈でボリュームのあるボアコートなどもおすすめです。

素材は麻やデニム、ウールやムートンなどが◎。

 

まとめ

骨格がわかるとコーディネートを考えるのがより一層楽しくなりそうですね。

骨格と合わせて自分に似合う色を把握しておくと◎。

ブルベ・イエベ診断もネットで手軽にできるので試してみてくださいね!

 

×